DBCLS Galaxy ご利用規約

DBCLS Galaxy ご利用規約について

「DBCLS Galaxy サービス」(以下、本サービス)はライフサイエンス統合データベースセンターが文部科学省「統合データベースプロジェクト」の委託を受け、提供するワークフロー解析サービスです。 本サービスをご利用頂くためには、「DBCLS Galaxy」ご利用規約(以下、本規約)に同意いただき、本規約を遵守していただく必要があります。本規約の適用範囲は本サービスを利用する一切の場合とします。

規約の変更

ライフサイエンス統合データベースセンターは本サービスのユーザの了解を必要とすることなく、本規約を変更できるものとします。本規約の変更は統合データベースプロジェクトのサイト(以下、本サイト)内において表示された時点から有効となり、ユーザは本サービスの利用を継続する限り、変更後の規約に同意したものとします。

著作権について

本サイトに記載されている文章などの著作権は、部分により、DBCLS にある場合と、ベースとなった Galaxy の開発元である Galaxy project にある場合があります。DBCLS が著作権を保有してない部分については、Galaxy project の著作権の取り扱いに従うものとします。 また、本サイトの サイト・ポリシー内「著作権について」もご覧下さい。

データの取り扱いについて

DBCLS Galaxy では、DBCLS OpenID のアカウントごとにアップロードしたデータ、 解析したデータをサーバ内にヒストリーとして保存します。 そのデータの総量の上限は1アカウントあたり最大10GBまでとします。 各データセットは鉛筆マークを押して access → Roles associated を指定 するなどの方法で,アクセス権の設定(Roles associated に指定したユーザのみで データを共有)ができます. 一方,データのアクセス権を設定していない場合, すべてのユーザからそのデータにアクセス可能となります. アクセス権を設定してあるデータについて, DBCLS が勝手に利用・公開することはありません.

免責事項

ライフサイエンス統合データベースセンターは、 本サービスの中断、変更及び終了について、 一切の責任を負いません。また、本サービスに保存したデータに ついてもいかなる保障もおこないません。 また、本サイトの サイト・ポリシー 内「免責事項」の各項目も適用されるものとします。

禁止事項

本サービスを利用して、以下の行為をしてはならないものとします。

・ライフサイエンス統合データベースセンター、もしくは第三者の知的所有権を侵害する行為

・犯罪行為、もしくは犯罪に結びつく恐れのある行為。

・公序良俗に違反する行為

・不正アクセス、大量の情報送信など、本サービスや本サイトの運営に支障を与える行為。

以上の行為を行ったとライフサイエンス統合データベースセンターが判断した場合、DBCLS OpenID のアカウント停止および保存中のデータの削除を行うことがあります。