DBCLS Galaxy へようこそ! Galaxy は,ゲノムをはじめとした 様々な生物データを,マウスを主とした簡単な操作で複数のツールを組み合わせ, ワークフロー解析できるウェブベースのフレームワークです. ご利用の前に利用規約をご覧下さい.


使い方については,

TogoTV :
Galaxy tutorial

Galaxyを使い倒す 〜あるIDに対応する別のIDをデータに付加する&解析結果・方法を共有する〜

DBCLS Galaxyを使って遺伝子の上流配列に存在する転写因子の予測結合領域を調べる

DBCLS Galaxy EMBOSSの使い方~ドットプロット編~

DBCLS Galaxy EMBOSSの使い方~配列検索編~

DBCLS Galaxy EMBOSSの使い方~アラインメント編~

DBCLS Galaxy EMBOSSの使い方~配列変換編~

や上部メニューの Help (英語) をご覧ください.

Amazon EC2 上で,あるいは自分のマシン上で DBCLS Galaxy を利用したい方のために,セットアップがいらないお持ち帰り DBCLS Galaxy を用意しています. Amazon EC2 上でDBCLS Galaxyを動かしたい方は「Amazon Webサービス上でのDBCLS Galaxyの動かし方」をご覧ください. また,自分のマシン上で動かしたい方は,VMware版DBCLS Galaxyをダウンロードの上,VMware上でご利用ください.



ディスク割り当てについて(About Disk Quatas)お知らせがございます.
This project is supported in part by NSF, NHGRI, and the Huck Institutes of the Life Sciences.

Galaxy build: $Rev: 1620 $

DBCLS Galaxy は文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」の成果のひとつであり,ライフサイエンス統合データベースセンターによって運営・管理されています.